美波町で新ワカメ試食会

海と日本PROJECT in とくしま

海部郡美波町で1月18日、

地元の由岐湾で養殖した新ワカメのおいしさをPRする試食会が開かれました。

 

由岐湾(海部郡美波町由岐)

  1. 由岐海藻部が収獲した養殖ワカメ
  2. 高水温の海域でも育つ早生品種
  3. 試食会では様々な意見が出ました

この試食会は「獲る漁業」から「育てる漁業」を目指す美波町の漁師らが設立した

「美波の海の恵み研究会と「由岐海藻部」が共同で養殖ワカメの販路拡大のため開いたものです。

この日は料理を提供している地元の民宿業者ら約20人が招待され、

しゃぶしゃぶと湯豆腐で新の生ワカメを味わいました。

このワカメは県が開発した高水温の海域でも育つ早生品種で、

去年11月に種付けし由岐湾で養殖されていたものです。

研究会と海藻部は養殖ワカメのうち長さが1メートル以内の成長途中のものを

「明けの春姫」と名づけ、期間限定で生食用として販売したいと考えています。

試食会では、「魚と組み合わせて、ぜひ料理に使ってみたい」「地元の漁師が作ったもので安心できる」など

評価する意見が出た反面、「賞味期限が収穫日を含め3日しかなく、取り扱いが難しい」といった意見もあり、

まだまだ課題の多い試食会となりました。

ページ上部へ戻る